報告書作成の流れ|安全に建物を建築するために地質調査を行いましょう

安全に建物を建築するために地質調査を行いましょう

男の人

報告書作成の流れ

作業員

これから建物を建てる場合には、事前に防火対象物点検を行わなければなりません。防火対象物についての専門知識を持っている人が、建築する建物や建物の責任者と面談をすることで、防火基準に当てはまるかどうか確認をします。この防火対象物点検に通らなければ建物を建てることができません。以前に、建物の安全が守られていなかったために死者を出してしまったケースがあるので、このようなことが二度と起こらないようにするためにも、しっかり防火対象物点検を行ってください。建物を安全に建築するために、防火対象物点検を行う専門の業者に依頼すると安心することができます。そこで、点検の報告書を貰うまでの流れを確認していきましょう。依頼は電話で簡単にすることができます。依頼を受けてからは、見積もりを出すために、地盤調査を行いますが、この地盤調査には費用がかからないので費用を抑えて調査することができます。そして、見積もりが出たら承諾を得てから点検を行います。建物の点検だけではなく、責任者が提出する書類もあるので事前に把握しておいてください。次に、建物の点検を完了すると報告書を作成してもらいます。報告書が作成された時に、点検費用も一緒に請求される場合があるのであらかじめ見積もりで知らされた費用を用意しておくとスムーズに防火対象物点検者とのやり取りをすることができます。報告書を受け取った際には、消防署などに報告書を提出して終了となります。この時に、専門業者が無料で提出を代行してくれる場合があるので確認しておくとよいでしょう。